大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
あなたのお悩み、お聞かせください
無料お問合せ 24時間受付中

お客様にお伝えしたいこと(ブログ)

2017.03.28 【管財・任意売却・競売・中古物件・新築物件】物件種類を外観で判断可能か?

《破産管財物件》
企業や個人が破産(厳密には破産宣告)した場合、
破産者の財産を債権者に分配しなければいけません。
そういった物件の総称。

《任意売却物件》
住宅ローン等の債務者と、債権者(金融機関等)、物件買受人の三者が
その物件の売買について合意をし、債権者は売却代金を受け取って
債権者に債務を返済し、債権者はその物件の抵当権抹消手続きを行い、
買受人は抵当権が抹消された物件を取得します。

《競売物件》
債務不履行によって差し押さえられた不動産が、
地方裁判所によって競売にかけられたものです。
不動産の所有者が債務を弁済できなくなると、
債権者は抵当権の行使(任意執行)や強制執行によって、
該当物件の競売を地方裁判所に申し立て、
裁判所がその物件を差し押さえて売却し、
売却代金を債務の弁済に充てます。

※債権者…特定人(債務者)に対して、一定の給付をなすべきことを請求しうる者。

※債務者…特定の債権者(さいけんしゃ)に対してお金を借りている、
あるいは一定の給付義務を持つ人のことで、住宅ローンや自動車ローンなどの未払い、
借金の滞納など、支払い義務を怠っている人の総称

※債務不履行…故意又は過失によって自分の債務を履行しないことを言い、
履行遅滞、履行不能、不完全履行の3種類があり、
契約違反によって債務者が金銭の支払いを怠った場合に、
債権者は強制履行、契約解除、損害賠償の請求が可能

※差押…このうち民事執行法上の差押えを指し,これが実際上最も重要である。
(1)意義 民事執行法上,差押えとは,金銭債権の満足を目的とする強制執行(金銭執行)や
担保権の実行としての競売の第一段階として,執行機関が債務者所有の不動産,船舶,動産
または債権等の財産の処分を禁止し,これを確保する強制処分

※競売…多くの買い手に競争で値をつけさせ、一番高値をつけた者に売ること。

さて、この上記の物件は文字にすれば違うものだとわかりますが
外観を見ただけでその違いが分かる人はどれぐらいいるでしょうか?

不動産のどんなエキスパートで目利きの人間でも無理でしょう。
調べればすぐにわかりますが、どうしたって外観だけで判断するのは
不可能に近いです。

つまり、あなたのお宅の家が人が住んでいてもどんな家なのかは
分からないということです。

もしかしたら隣人に知られずに売りに出していたり、
差押されていたりするかもしれないです。
もしかしたらイメージとして家に差押の貼紙をされてという事を
思い浮かべますが実際はそんな事はありません。

もし不動産業者に頼らずに物件購入を考える場合はかなり十分注意が必要です。
今どこか気になる物件があり、買い替えを考えているならまずは
その物件がどういう状況なのかをまずご相談されることをお勧めします。
アローホームでは24時間メールで対応しているので、
何でもお気軽にご相談ください。
電話の場合はフリーコール(0800-888-6886)もご利用ください。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

2017.03.27 【地方都市の急ピッチで進む開発化:空家・空地・廃工場等の減少】変わる町並み

最近まで産休でお休みしていたアローホームの事務員さんがよく言うのですが、

「ちょっと見ない間に色んなものができているんですよ」

「空家があった場所に賃貸住宅とか空き地だった場所にスーパーとか」

なんて具合に、彼女が家からあまり出れなかった少しの間に町の様子が様変わり

している・・・これはあながち事務員さんの勘違いでも気のせいでもなくその通り

なんです。

空き地や空家は昔なんかはそのままにしている所がほとんどだったんですが、

昨今では治安が昔とは違って物騒になってきたせいもあり、出来るだけ

そういった空家等を活用して地域の活性化と治安をよくしていく動きが

都市部だけでなく地方でも盛んです。

特に地方の方では高齢化が進み空家が増えゴーストタウン化する場所も

少なくありません。

国土交通省も、空家の発生を抑制するための特例措置

⇒相続時から3年を経過する日の属する年の12月31日までに、

被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が、

当該家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含む。)

又は取壊し後の土地を譲渡した場合には、当該家屋又は土地の譲渡所得から

3,000万円を特別控除します。

を公表しています。

なので、事務員さんがスーパーとかドラッグストアとか賃貸住宅が新しく出来てたり

新築が増えてると感じるのは当然と言えるでしょう。

さて、あなたの隣の家は売却の看板等立っていないですか?

町の活性化の観点からだと、空家を放置して売却を考えるよりかゆくゆく売却する意思が

あるのであれば、住んでいるうちに売却を考えるのが良いかと思います。

購入するお客様も家に住んだ時の雰囲気がわかりますし、何より家は人が住んでこそ長く

もつのであって、空家のままにしていると傷むのも早いのです。

中古戸建・マンション、更地、工場、ビル、別荘。。。

寝かせていても良いことはありません。

誰も使用していないならまずは“無料査定”をしてみませんか?

現在の金額を把握したうえでこれからどうしていった方が良いのか

一緒に考えていきましょう!!

担当:足立(あだち)が納得いくまでご相談に乗らせて頂きます。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

2017.03.26 新築」から「中古住宅」の流通活性化へと住宅政策は転換して中古・リフォーム市場倍増

2006年に「住生活基本法」が施行されて以降、日本の住宅政策は「量から質へ」

「新築から中古(既存ストック)へ」と大きく転換した。

2010年に策定された「新成長戦略」では、中古流通市場・リフォーム市場の規模を

倍増させる目標を立てた。

国土交通省では、有識者による「中古住宅の流通促進・活用に関する研究会」の

報告書(2013年6月)などを受けて、不動産取引にかかわる事業者や

金融機関などを交えた「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル」を設置し、

報告書(2015年3月)をとりまとめるなど、中古住宅市場の活性化により

住み替えが円滑に進み、良質な住宅が引き継がれるための対策を検討してきた。

一方で、自由民主党の中古住宅市場活性化小委員会では、

中古住宅市場の透明性を高めるために、物件の囲い込み防止や

建物診断(インスペクション)の普及などの具体策を盛り込んだ

「中古市場に流通革命を」と題した提言(2015年5月)をとりまとめた。

物件の囲い込みとは、売却依頼を受けた不動産会社が物件情報を公開しなかったり、

他の不動産会社に紹介を拒否したりして、自社でのみ買主を探そうとする行為で、

一部でこうした行為がなされているといった指摘がされていた。

これに対して、自由民主党の提言では、売主が自ら物件の取引状況を

確認できる仕組み(ステータス管理)を導入することを求めていた。

昨今では、リノベーション住宅やインスペクション住宅等の付加価値を求める

消費者も急増しており、リノベーション用の住宅が人気です。

アローホームでもそういったリノベーションを目的とした住宅の確保をして

お客様のご希望にそえる努力をしています。

ご自分達で一から考えて住宅を作っていく準備をしていてあとは物件を見つける

だけと言う方はまずはお気軽にご相談下さい。

唯一無二のお宅に出逢えるかもしれません!!

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

2017.03.17 【中古マンション・戸建買取業者ランキング】高く・早く買取りならアローホーム

世の中には色んなランキングがあります。

特によくわからないジャンルの事で悩むとランキングを参考にする事は

私自身もよくあります。

しかしその信憑性はと言うと正直よくわからないですよね?

不動産業者にもランキングが存在します。

さてその信憑性は?と言うと・・・

ご飯屋さんでも意外と雑誌で紹介されていないお店で美味しい所は

たくさんあります。

ランキングと言うのは何かの要因ですぐに変わりがちです。

つまりとても不安定なものなのです。

私は不安定で上位がすぐに変わるようなランキングの上位を守るよりも

細く・長く愛されるようなロングランな会社を目指しています。

気が付いたら30年40年経っていたなんてのが理想であり、目標です。

そんなアローホームは意外と口コミのお客様が多く、お客さまからのご紹介が

幸せな事に多いです。

これからも精進してお客様の身近な存在としてありたいと思います。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

2017.03.16 【住居贈与:配偶者相続優遇】法務省新案「全遺産額から除外」

相続制度の見直しに向けた民法改正について検討している法務省が、

新たな配偶者の優遇案をまとめた。

結婚から20年以上過ぎた夫婦の場合、配偶者に贈与された住居については

全体の遺産額に含めない―――とする内容で、配偶者のその後の経済的な

安定につなげる狙いがある。

今回の案を含めた民法改正の要綱案について、年内のとりまとめを目指す。

現在の相続制度は1980年の民法改正で定められた。

今回の見直し議論は、婚外子の相続格差に対する最高裁の違憲判断を受けた

2013年の民法改正がきっかけ。

という新聞記事がありました。

この記事に関する質問やご相談に関してのお問い合わせも

お気軽に担当:足立(あだち)までご連絡ください。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

2017.03.03 【近畿・大阪市内 中古住宅買取 マンション買取:高額・無料査定】売却・相続もアローホームへ

皆さんは“ウィスキー”と“ブランデー”の違いをちゃんと答えられますか?

見た目はどちらもそっくりなのですが、実際に飲んでみると全然違います。

ブランデーとウイスキーは、どちらも蒸留酒ですが、

原料に大きな違いがあります。

ブランデーは『果実』、ウイスキーは『穀類』が原料です。

このように、不動産の買取業者も全て不動産屋さんなので大きな違いが

ないように見えますが、ブランデーとウィスキーの味のように全く違います。

ではどうやって味を知るか?

それには一度店舗に行ってみて味見をするのが一番です。

大事なお宅の売却をネームバリューばかりのお店に頼むのか、

一人の営業マンが最後までしっかりと担当してくれる店舗に頼むのかは

あなたのテイスティング次第です。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

お気軽にお問合せください。
このページのトップへ