大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
あなたのお悩み、お聞かせください
無料お問合せ 24時間受付中

お客様にお伝えしたいこと(ブログ)

2014.04.24 きたる2015.1.1【税制改正】に備え、相続税及び贈与税の節税と不動産の在り方

【相続税】:相続財産を取得した相続人、遺言により財産を取得した者が
               その取得割合に応じて支払う税金。

【贈与税】:贈与を受けた者が支払う税金。

平成27年1月1日より、相続税の増税が決定しました。
現行では相続財産5,000万円の場合には相続税はかかりませんが、
平成27年度以降は数十万円から数百万円の相続税が発生してしまいます!!

そこで注目されているのが、「小規模宅地等の特例」。

【小規模宅地等の特例】個人が、相続又は遺贈により取得した財産のうち、
                                     その相続の開始の直前において被相続人等の事業の用に供されていた
                                     宅地等又は被相続人等の居住の用 に供されていた宅地等のうち、
                                     一定の選択をしたもので限度面積までの部分
                                    (以下「小規模宅地等」といいます。)については、相続税の課税価格に
                                     算入すべき 価額の計算上、一定の割合を減額します。

この特例を小規模宅地等についての相続税の課税価格の
計算の特例といいます。 なお、相続開始前3年以内に贈与により
取得した宅地等や相続時精算課税に係る贈与により取得した
宅地等については、この特例の適用を受けることはできません。

(注)1:被相続人等とは、被相続人又は被相続人と生計を一にしていた
          被相続人の親族をいいます(以下同じです。)。

      2:宅地等とは、土地又は土地の上に存する権利で、一定の建物又は
         構築物の敷地の用に供されているものをいいます。
         ただし、棚卸資産及びこれに準ずる資産に該当しないものに限られます(以下同じです。)

(国税庁「特例の概要№4124」参照)

この特例を活用するべく、大手の不動産会社でも盛んに「二世帯」を
進める傾向があります。

相続税は、財産の評価額に左右されます。その中でも高額になりやすい
土地の評価額を抑えることができれば、相続税の軽減につながります。
その土地の評価額を8割減等にする制度が「小規模宅地等の特例」です。

相続税の「小規模宅地等の特例」のうち、土地の評価額が240㎡まで(※)が
8割減となる「特例居住用宅地等」の要件の内、二世帯住宅に関係が
深い要件を下記にご紹介していますので参照下さい。
(※特定事業用宅地等などとの組み合わせの場合、面積要件が変動します。
なお2015年1月1日以降は330㎡までとなります。)

1.土地を相続するのが被相続人の配偶者である場合。
→適用されます。(居住要件なし、所有要件なし)。

2.土地を相続するのが被相続人と同居していた親族の場合。
→相続税の申告期限まで、居住および土地の所有を継続していることを条件に適用。
※「土地を相続するのが別居親族の場合」等、その他の適用要件もありますが、
詳しくは国税庁HPをご参照下さい。国税庁HP:http://www.nta.go.jp/index.htm

上記の場合には、「小規模宅地等の特例」が適用され、
土地の評価額は80%減額されます。

ただし、適用条件「2.」の場合、「同居していた」ことと、
「相続後も継続して居住している」ことが条件になっている点がポイントです。

「同居」と「継続居住」。この2つの条件は、二世帯住宅であれば、どちらも
クリアしやすい条件になるので昔は敬遠されがちで悪いイメージのある
二世帯住宅に注目が集まる結果となっています。

アローホームでも、画期的な二世帯住宅をご提案させて頂いています!!

相続対策は、その時になってからでは遅いです。
今だから考えられる事をしていきませんか?

ご興味のある方は、お気軽にメール又はフリーコール0800-888-6886

担当:足立(あだち)までご連絡ください。

一緒に相続・贈与税対策をしきいきましょう!!

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について
http://www.arrowhome.co.jp/
TEL:0800-888-6886 (通話料無料)
営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)
〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

2014.04.21 瑕疵物件の買取・売却査定(相談無料)/大阪

【瑕疵(かし)】:「欠陥、キズ」とほぼ同じ意味。
                       法律または当事者が予想する正常な状態が欠けていること。

【隠れた瑕疵】:一見しただけでは、分からない欠陥・キズのこと。

長い間住んでいる住宅には、シロアリ・雨漏り等何かしらの問題が
出てきます。それを総じて「瑕疵(かし)」または「隠れた瑕疵」
表現します。

さて、ここで問題です。
わからない瑕疵については仕方ないのですが、すでにわかっている
瑕疵がある住宅を、相場より安いとはいえあなたは購入できますか?

A.)できれば購入はしたくない。←多くの方はこう思ってしまいます・・・

このように、一般的にはあまり需要が残念ながら少なく、それでも強引に
売却をしてみたとしても、おそらくかなり時間がかかってしまいます。

でもどうしても早く売却してしまいたい・・・そんな時どうすれば?

A.)そんな時は、株式会社アローホームにご連絡ください!!

当社はまず、詳しくお話を詳しく伺う事から始めます。その上で査定を
行っていく形をとります。

「決して電話口でお断りする事はありません!」

いきなり電話では話ずらいと言う方にはメールでのお問い合わせも可能。

直接、担当者:足立(あだち)とのお話をご希望される方は下記フリーコール

をご利用ください。→0800-888-6886

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について
http://www.arrowhome.co.jp/
TEL:0800-888-6886 (通話料無料)
営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)
〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

2014.04.17 農地/畑の買取・売却査定(相談無料)/大阪

農地:登記簿地目でいえば「田」と「畑」の2種類のこと。

ただし、農地法は現況主義をとっていますので、現実に耕作の
目的に供されている土地は、登記簿地目にかかわらず、
農地法上は農地となります。

一方、登記簿地目が「田」又は「畑」である土地は、現在は耕作の
目的に供されていなくても、農業委員会で非農地証明を受けて
地目変更するか、農地転用許可を受けて計画どおり事業を完了させ
地目変更するまでは、農地性を失わないので、やはり農地法上は農地となる。

そんな誰も手入れをしていない土地、どうしていいかわからない土地を
お持ちの方はいらっしゃいませんか?

農地/畑は、経験や専門的な知識がないと処分や転売は難しいです。

アローホームでは相続で、農地を相続した等の相談も多くご相談頂くことが
あります。もちろん、ご事情は色々あると思いますがまずはお気軽に
フリーコール(0800-888-6886)またはメールでご連絡ください!!

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について
http://www.arrowhome.co.jp/
TEL:0800-888-6886 (通話料無料)
営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)
〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

2014.04.14 一棟マンション/収益物件の買取・売却査定(相談無料)/大阪

収益・投資物件:アパートやマンション、商業ビルなど、
家賃収入を得られる投資用の不動産のこと。

チラシやネットや経済関連の書籍によく見られるのが”収益・投資”
という言葉。国の経済が下降している時に更なる増税という追い打ち。
加えて、リストラ・・・将来はどうなるのか?

そんな時に、自分が働かなくても利益を生んでくれるモノに
多くの人が支持をするのはある意味当然の流れなのかもしれません。

しかし、様々な事情でなくなくその物件を手放さないといけない人も
いらっしゃいます。業者の方もいらっしゃますが、最近では個人で所有
されている方も増えています。

売却査定依頼も最近では個人の方が増えていて、査定依頼先を探す時の
目安として、“自社買取”“即決”などの項目をあげられていました。

アローホームでは色々なお客様のお声を貴重なご意見として、
仕事を進めていく上でよく参考にさせて頂いています。

現在もし収益物件等の売却をお考え中でしたら、まずは
お気軽に担当:足立(あだち)までご相談下さい!!

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について
http://www.arrowhome.co.jp/
TEL:0800-888-6886 (通話料無料)
営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)
〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

2014.04.10 【クレジットカードの落とし穴】住宅ローン審査に影響が有りor無し?

不動産屋大きなお買い物にはまず”住宅ローン”を
使用して購入される方がほとんどです。

しかし、その審査内容や方法に関しては不透明で
わからないまま「お取扱いできません」なんて言われた
経験はありませんか?

借り入れの事なら把握できている、と自信のある方は多いと
思います。けれど、実際には把握しきれていない事の方が
多々あります。

何を隠そう私自身もお恥ずかしながらその一人でした。

Q:では、自分自身で借り入れ状況を完全に把握するのは可能なのか?
A:できます。

さてここまでくればもう住宅ローンは完璧!!
でも果たして本当にそうでしょうか・・・?

実は、まだここでも気をつてないといけない事があるんです。
それが、そのクレジットカードの極度額。

クレジットカードには極度(きょくど)もしくは限度(げんど)額があります。

極度額:契約したときに契約書に記入する金額。
限度額との違いは、極度額が契約上のMAX金額になる。

限度額:0円から極度額以内の範囲で設定されるもの

『この極度額が問題なんです!!』

金融機関によっては、この極度の部分を“借入”とみなして
住宅ローンを【減額】ないしは【借入不可】なんて事態を招く可能性が
あるんです!!

Q:カードは作ったけど、光熱費等の引き落とし用でクレジットは
全く使っていないのに”借入”になってしまうのか?

A:金融機関によってはたとえクレジットを使用していなくても
“借入”とみなす場合があります。

眉唾に思われる方もいらっしゃると思います。
ただ、そんな場合もあるという事を知っているか知っていないかでは
安心感も違います!!

具体的な内容についてご興味のある方は、メールでのお問い合わせか
フリーコール(0800-888-6886)にてご連絡ください。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について
http://www.arrowhome.co.jp/
TEL:0800-888-6886 (通話料無料)
営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)
〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

2014.04.07 離婚等に伴う不動産を処分 買取・売却査定(相談無料)/大阪

かつては”おしどり夫婦”と言われたご夫婦が、
色々な理由等で「離婚」という選択をされました。

そこで大きな問題となってくるのは離婚等に伴う不動産の処分。

2人の終の棲家と購入したはずのマイホームだったはずが、
ひょんな事からもめ事の原因に・・・

住宅ローンを夫婦で合算しているのかどうか、夫だけなのか又、
妻が購入していた家に住んでいる等様々なケースが存在します。

あと、不動産の価値と状態を精査したり、夫婦がもう別居している場合も
アローホームが仲介になって、双方でどうするのがベストなのかを
夫婦間を行き来させて頂きます。

フリーコール(0800-888-6886)またはメールでまずはご連絡ください。

担当は足立(あだち):男性ですが、もし男性では話しにくいという方は
女性の担当スタッフも常駐していますので、お気軽にご相談下さい。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について
http://www.arrowhome.co.jp/
TEL:0800-888-6886 (通話料無料)
営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)
〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

2014.04.02 相続不動産の売却/即金買取相談/大阪

◆相続(そうぞく)

相続とは、誰かが亡くなったあと、その人が所有していた財産を
受け継ぐことです。引継がれる財産のことを、「相続財産」といいます。

◆相続財産(そうぞくざいさん)

土地・建物などの不動産、自動車などプラスの財産だけなく、
借金、負債、さらには損害賠償責任などのマイナスの財産も
相続財産とされます。

大抵は故人が生前時に整理をしている場合が多いのですが、
人生には何があるかわかりません。

思いがけず、相続してしまうケースもまた多くあります。

故人との関係性等もあるので一概にこうすればいいですよ、
とは言いきれず、どうしても詳しく聞き取りをさせて頂く必要があります。

アローホームでも相続に関するセミナーを随時行っていますので、
現在お困りの方は、担当:足立(あだち)あてにご連絡下さい。

もちろん、相続不動産の売却/即金買取相談もしていますので
あわせてご相談ください。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について
http://www.arrowhome.co.jp/
TEL:0800-888-6886 (通話料無料)
営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)
〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

お気軽にお問合せください。
このページのトップへ