不動産売却や買取、その他様々な不動産に関する情報をご紹介致します

大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
あなたのお悩み、お聞かせください
無料お問合せ 24時間受付中

お客様にお伝えしたいこと(ブログ)

2018.12.10 「査定依頼の傾向に変化」戸建ての買替え思考からのマンション購入増加傾向!?

暑いなと思っていたら、急に寒くなってきましたが
皆さん体調は大丈夫でしょうか?

世間ではインフルエンザのワクチンが無くなったり、風疹が流行ったりと
気忙しい季節となりました。

さて、今回なんですが当社(アローホーム)の査定依頼に微妙な変化があり
その事をお伝えしたいと思います。

その変化というのが、今まではどちらかというとマンションの査定依頼の方が
多いのが普通だったんですが、最近では戸建ての買換えを考える方が増えてきて
マンションに住み変えたいと考える方が急増しているという事です。

おそらく背景としては、記憶に新しい【大阪北部地震】が少なからず関係していると
考えられます。

大規模な地震で、家を直すべきかまた地震があると恐いので住み替えをするか。。。
今回は大丈夫でも今度また大きな地震がきた時に家はもつのか?
そんな不安から、戸建ての査定依頼が急に増えていると思われます。

少なからず今のお住いで次の大きな地震(南海トラフ巨大地震)が心配、
家の補修よりも住替えた方が良いのか?などの不安がある方はまずは
担当:足立(あだち)までお気軽にご相談ください。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018.11.27 【平成最後のデトックス!!】不動産の買取・売却・相続の相談もアローホーム

「毒親“どくおや”」って皆さんはご存知ですか?
私は初めて聞いた言葉なんですが、事務の女の子が
自分の母親がもしかしたら毒親ってやつかもしれないんです。。。
という話から、初めてその言葉の意味を知りました。

毒親:毒と比喩されるような悪影響を子供に及ぼす親、
子どもが厄介と感じるような親を指す俗的概念である。
親の「自己愛」問題が主な共通点であり、自己愛的な親)について語られることが多く、
主に母親が対象として取り上げられる事が多い。
(Wikipedia参照)

昨今では色んな言葉が増え、私なんかはついていくのがやっとな
ところがあります。

でも、意味をよくよく聞いてみたらなるほど!なんて思う事もあります。
この毒親に関しても、言葉はとても恐い印象を受けるのですが
案外、自分自身の周りでも毒されているものって多いなと感じます。

例えば、賃貸に住んでいる場合なら“賃料”。
住むためには払い続けないといけない費用だけれども、掛け捨ての保険料よりも
質の悪い保証のないお金に思えて仕方がない(価値観の違い有)とか。
学生ならともかく、家族でずっと賃貸って何かあった場合何にも財産と
なる物がなくて不安にならないのか。

例えば、まだ高くなるという“根拠のない自信”で家の売却をいたずらに
先延ばしにし過ぎてしまい、完全に売り時を逃してしまう。
皆さんの周りにもそんな些細な“毒”に少しずつ蝕まれている人はいませんか?

例えば、金銭的な問題も“まだ大丈夫”と先延ばしにしていませんか?

少しでもそんな予兆があれば、何でもお気軽に話してみませんか?
意外と第三者に話してみることで解決する事もあるので、
まずは、担当:足立(あだち)までご相談ください。

いつでもお待ちしております。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018.09.25 【空き家の税務の話】空き家の事もアローホームへ

この特例は、平成28年度税制改正において、

「空家問題」に対応するための税制上の施策の一つとして

新設された特例です。

被相続人が所有し、かつ、相続開始の直前において一人で居住していた

一定の家屋とその敷地を相続等により取得した場合、耐震リフォームして売却、

あるいは建物を取り壊してその敷地を売却した場合、本人の居住用財産を

譲渡した場合と同様に、その譲渡益から3,000万円を控除することができるという

特例です。

下記は、国税庁の資料を参照したものです。

少し見にくいかとも思いますので、詳細については担当:足立(あだち)まで

お気軽にご相談ください。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018.09.24 【ホームインスペクションの需要と供給に変化?】調査済み住宅ならアローホーム

(インスペクション作業中の様子)

《ホームインスペクション》
既存住宅を対象に、構造の安全性や劣化の状況を把握するために行なう検査・調査をいう。
日本語の「住宅」と英語のInspection(検査)を組み合わせた造語である。
住宅インスペクションは、目視等を中心とした現況把握のための検査、
耐震診断等の破壊調査を含めた詳細な調査、
性能向上等のための調査など、目的に応じて異なった内容で実施される。

既存住宅の売買に当たっては、現況把握のための検査が実施されるが、
そのためのガイドラインとして「既存住宅インスペクション・ガイドライン」
(2013年、国土交通省)が公表されている。

同ガイドラインの概要は次のとおりである。
1)インスペクションは、検査対象部位について、目視、計測を中心とした
非破壊による検査を基本にして、構造耐力上の安全性、雨漏り・水漏れ、設備配管の日常生活上
支障のある劣化等の劣化事象を把握する方法で行なう。

2)業務の受託時に契約内容等を検査の依頼人に説明し、検査結果を書面で依頼人に提出する。

3)検査を行なう者は、住宅の建築や劣化・不具合等に関する知識、
検査の実施方法や判定に関する知識と経験が求められ、住宅の建築に関する一定の資格を
有していることや実務経験を有していることが一つの目安になる。

4)公正な業務実施のために、客観性・中立性の確保(例えば、自らが売り主となる住宅については
インスペクション業務を実施しないなど)、守秘義務などを遵守する。

また、建物状況調査における人材育成等による検査の質の確保・向上等を進めるため、
「既存住宅状況調査方法基準」(2017年、国土交通省)が定められ、それに従って
インスペクションを実施するための「既存住宅状況調査技術者講習」が制度化された。

同基準は、既存住宅状況調査は既存住宅状況調査技術者講習を終了した建築士が行なうこと、
調査は、構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分に係る調査として、
調査対象住宅の構造に応じて規定する劣化事象等をそれぞれ定める方法により
調査することなどを定めている。

なお、宅地建物取引業法に基づき、宅建業者は、
1)既存住宅の媒介契約に当たって交付する書面に、建物状況調査を実施する者のあっせんに関する事項を
記載しなければならず、2)重要事項説明に当たって、建物状況調査に実施の有無及びその結果の概要を
説明しなければならないとされているが(2018年4月1日から適用)、

この場合の建物状況調査は、建築士又は国土交通大臣が定める講習を終了した者が実施する者に限定されている。
情報提供(株)不動産流通研究所「R.E.words」

アローホームでも何軒かインスペクションした物件をご紹介いたしました。

この度は、大きな地震や台風による被害がとても大きく
屋根や雨漏り、壁のひび割れ、ガラスの破損等色々ありますが
今後の不動産に関してはよりこのインスペクションの需要が多くなると思います。

国土交通省からのインスペクションの義務化という制度はまだありませんが、
この先、中古物件の購入を視野に入れている場合はそういった部分も
注意してお考えになられる事が重要です。

インスペクションに関してや物件に関してご質問等ある方は
まずお気軽に担当:足立(あだち)までご相談ください。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

2018.09.23 【不動産の買取と売却のメリット】買取専門業者ならアローホーム

ネットで“不動産”、“買取”、“メリット”と検索するのは

どうゆう状況の方なのか?

査定をするには何となくではなく、誰でも何かしらの事情が存在します。

そしてあえて買取だけでなくメリットも一緒に検索するのは何故か。。。

ただ買取を希望するだけならメリットまで調べる必要性は低いです。

むしろ、より高くとか専門とかを一緒に検索するのではないでしょうか。

アローホームの査定依頼でも売却時期を査定額次第としている方がいらっしゃいますが、

メリットを検索している方は大体、買取時期におおよその目途をつけたいという

不動産の買取事態の希望時期があるか、早急に現金化がしたい等の

時期がわからないと不安な場合が多かったです。

大手に頼むのもいいのですが、時期の目途をつけたい方は小回りの利く

地場業者(アローホーム)にご相談いただいた方が良いと思います。

その理由としては、大手業者の担当は会社の肩書はすごいけれども

担当レベルで見てみると、営業経験の違いはあきらかです。

私、足立も元は大手の不動産を経てそこから独立してここまでやってきた

経験と人脈は自信があります!!

少しでも不安がある、時期を明確に知りたいという方は一度ご相談ください。

他社にご相談を考えたりしている人もまずはアローホームにお気軽にご連絡ください。

それだけのメリットはあると自負しています!!

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018.08.26 【先入観で見られがちな心的瑕疵物件の実はな話】事故物件を高く売るならアローホーム

一般的に、事故物件または心理的瑕疵のある物件と聞くとあまり良い印象はありません。

しかし総称が心理的瑕疵物件というだけであり、

変な話そこまで悪い印象の物件は、意外とそんなに問題のある物件というはなかなか出会うことはありません。

心理的瑕疵の具体的な内容については、

デリケートであり個人的なことなのでご紹介はできないのですが、テレビで夏場になると過剰に表現された番組を

よく目にしますが(事務の女の子にもよく聞かれますが・・・)、

問題のある物件ばかりだったら不動産屋さんは一軒もなくなってしまうでしょうから。

話はそれてしまいしたが、事故物件でも大丈夫もしくは心理的のある物件の売却・買取を

検討しているという方は担当:足立(あだち)までご相談ください。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

2018.05.31 【任意売却物件の買取もお任せ!!】任売・競売・管財物件もアローホームへ

先月末に任意売却の中古マンションの買取契約を行いました。

《任意売却(にんいばいきゃく)》
住宅ローンや借入金等の返済が困難になった場合、
債権者(銀行等)は担保権(抵当権等)の実行により債権(借入金)を
回収する事になるが、競売による不動産の売却では
現金化までに時間がかかるうえ、市場価格より安くなるケースもある。
そこで、不動産会社の仲介により債権者・債務者の調整を行い、
市場で担保不動産を売却すること。

→「任意売却」のご相談はコチラから

実はこの物件は今年の初めから関わっており、やっと契約に至りました。
ここに至るまでこんなに時間がかかったのは初めてです。

債権者側との交渉や売主との話し合いに、仲介業社さんとの打ち合わせ。。。
普通の売却とは違い、クリーンにならないといけない部分が沢山あり
それだけ任意売却は難解な物件と言えるでしょう。

今回の中古マンションに至っては、債権者(借入先)が2社有り
それぞれの債権者側の要望と、売主さんの引っ越し先等の問題もあって
なかなかスムーズにいかず本当に大変でした。

更に、無事契約終了かと思った矢先に仲介担当者さんが慌てて
事務所まで来られ、何かと思えば契約書への特約の追加を債権者に
言われたとの事でした。
契約は最後ではないので、最後の決済が無事進むまで気が抜けません!!

この中古マンションも決済後には、来月末(予定)からフルリノベーション工事
により、新築同様の内装にしてアローホームにてご紹介させて頂く予定です。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

2018.05.28 【ワンルームマンション買取お任せください!!】投資物件もアローホーム

先日、ホームページから“ワンルームマンション”の査定依頼がありました。

いつものようにメールを返信したところ、メール返信(return)が一番早かったようで

すぐにそのお客様から連絡があり、お話しさせて頂きました。

とても話しやすい方で、まず会ってお話ししましょうという事になり

アローホームでお会いしました。

当日はご夫婦でいらっしゃったので、不動産“ワンルームマンション”の事だけでなく

世間話等していた際に、何とお客様と同じ中・高校でその方のご兄弟と私(足立)が同級生で

しかも、同じクラスであることが判明!!

何て不思議なご縁でしょうか?

そして、何と世間の狭い事か!!

星の数ほどある不動産会社の中から、母校とクラスが同じ人間に出会う確率って

どれくらいでしょうか?

この仕事は時々こんな驚くような出会いがあるので、ご縁って馬鹿にできないなと

心底感じました。

何となく選んだ不動産会社は、偶然でしょうか?もしかして貴方がアローホームを

発見したのは必然なのかもしれません。。。

もしも、買取や売却等でお悩みの方はこの出会い(HP)にシンパシーを感じてみませんか?

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

2018.05.20 【あなたの自宅は大丈夫ですか?身近な不動産トラブル】権利登記・違法建築・境界未確定など

最近は、すっかり暑くなってきたので衣替えも夏物一色だったので
たまに寒くなったりすると上着や長袖を探すのに苦労している足立です。

さて、最近は査定もたくさんきて母校がたまたま一緒だった方が相談に
来られたりと不思議な“縁”に感動した半面、不動産に関する“トラブル”も
ご相談が増えています。

アローホームでは“相続”に関する相談も多く受けているのですが、
その中にも相続した物件が名義変更していなくて売却するにも相続人全員の
同意を得なくてはならず、印鑑をもらいに右往左往するというケースがありました。

その他にも、移転登記がされていなかった物件であわや“二重売買”なんてケースも
あったりと、アローホームでは基本的には不動産の買取や売却をメインにして
いるのですが、こういったトラブルのご相談の方も増えました。

それほどに相談するという行為は“不安”だったり“緊張”というのがあるものです。
しかも、相談するにしてもとてもプライベートな内容になってくると知り合いは
何だか気が引けるし、大手は相談だけとか少し聞きずらい・・・

良くも悪くも弊社アローホームは敷居が低いんでしょうか?
とにもかくにも、たくさんの方に少しでも信頼・信用して頂いているのは
とても有難いことです!!

あなたは何かご自宅に関して不安に思っていることはありませんか?
先延ばしにしていても良い事はないので、もしアローホームのHPに
辿り着いたなら、物は試しと話してみませんか?
担当:足立(あだち)がご相談に乗らせて頂きます。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

2018.04.05 【新築が高騰の影響か!?中古住宅市場が増加中(関西圏)】中古マンション“買取強化”中!!

近畿圏不動産流通機構が22日発表した2府4県の平成29年の
中古マンション売り出し件数は5万9,053件。
前年比7.5%増で、3年連続で増加。
成約件数は1万7,201件で同0.5%増加。
件数はともに同機構が発足した平成2年以降で最多となっている。
中古戸建ての成約は1万2,216件で、同0.6%減となったが
昨年に次ぐ高水準である。

関西の中古マンション市場が軒並み好調となっている。
その背景には、人件費や建築資材費増加などの影響で、
大阪市内や大阪府北部など人気のエリアの新築マンションを中心に
住宅価格が高騰しているため、若い世代を中心に中古住宅への関心が
高まっていると思われます。

その他、投資用物件として収益マンション等を購入した個人や法人が、
住宅価格が上昇しているうちにと売却をするケースも増えています。

アローホームでも、収益マンションの売却相談がここ最近で急に
増えてきました。

こうした動きにより、成約物件の単価もゆっくりと上昇しています。

政府も空き家問題の解消策として中古住宅流通を後押ししており、
平成37年には流通量を44万戸(市場規模は現状のほぼ2倍)の8兆円に
拡大させる目標を設定している。

査定依頼も増えていますが、よく「まだ売る予定はなく査定だけ」と
おっしゃる方もいらっしゃいますが、このまま寝かせていても市場が
上昇のままで安定する保証はどこにもありません。

この好機を逃すか逃さないかは、あなたのご決断次第です!!

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

お気軽にお問合せください。
このページのトップへ