不動産売却や買取、その他様々な不動産に関する情報をご紹介致します

大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
あなたのお悩み、お聞かせください
無料お問合せ 24時間受付中
ブログ
メニュー
メニュー

お客様にお伝えしたいこと(ブログ)

2019.02.14 【“now you see me”貴方の親しき隣人】アローホームのご利用お待ちしています。

最近、友人のすすめで面白い映画があるのでと「グランドイリュージョン」を

みました。私は普段フィクションの映画をよく見るのですが、この映画は

ノンフィクション映画です。

凄腕のマジシャン集団の映画で、トリックや映像にも驚いたんですが

最後はとても爽快なラストでした。

さて、今回どうしてその映画の話をしたかと言いますと

映画の中のセリフに、近づけば近づくほどトリックが見えない・・・

とありました。

マジシャンのトリックを暴いてやろうとその手元を見ようとしてしまうけれど、

実はトリックは少し離れてみる方がわかりやすいのです。

不動産業を長くしていると、色んなお客様がいらっしゃいますが

大体の方の共通点として、事前によく勉強をされています。

不動産における専門的な用語から本当に私も話をしていて、驚くことが

よくあります。

ではなぜ皆さんその様に下調べをしているのか?

その背景には、この不動産業者に負けないぞとか騙されないぞという気持ちが

みえます。

高い買い物なので確かによく調べられる事は素晴らしいのですが、そこまで

がんじがらめになる必要ってあるんでしょうか?

確かに良心的な業者ばかりでなく、悪い業者も残念ながら存在する事がそもそも

良くないことではあるのですが、本来の不動産業者のあるべきは

お客様に良い意味で利用して頂くことにあると私は思うのです。

たくさんの知識で身を固めるのは決して悪い事ではありませんが、

私はある程度物件のチラシを見ていて気になった事を調べてみたり、

その時その時にわからない事を聞いてみたり、調べるのが逆に効率が良いと

考えます。

私たち不動産業者がその質問に対して、納得のいく答えを提示できるという

前提ではありますが、分からない時は納得がいくまでご質問ください。

その上でまだご納得のいく説明でなければ、私たちが逆に持ち帰ってでも勉強を

して再度ご説明をさせて頂く。

これが本来の筋だと私は思います。

私個人の考えと致しまして、お客様にその様にご自身で時間を使って調べて頂くという

行為は、私共の力不足が招いた事で恥ずべき事態と言えます。

アローホームは不動産を購入または売却しようとしている方の、親しき隣人でありたいと

思っています。

さて、あなたは不動産の知識を今から勉強しますか?

それともアローホームをお気軽にご利用して頂けますか?

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

当社でも、時代のツール合わせて「LINE@」を開設致しました。

簡単な不動産購入・売却、税や法律に関するご相談やこの業界では珍しい「簡単査定」もスタート!

■査定ご希望方はお友だち追加を頂き

・ご住所 ※マンション場合は、マンション名と号室をお教えください。

・築年数(大体で結構です)

・間取り

・戸建ての場合は、土地建物面積(大体で結構です)

をお送りください(^^)

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2019.02.13 【家を既存の中から選ぶのか、自分で考えた家に住むのか】不動産の事ならアローホーム

最近、某テレビ番組の影響でしょうか?

家の購入にあたり、色んな家をたくさん内覧した方が

最後に土地を購入されて、一から家を考えるという傾向が

増えつつあると思います。

昔の方ならそれこそ、土地を買って建てるという方が主流だった思いますが

昨今では既存の中古住宅やマンションを自分の思う理想に合う物件を探して

あとは値段のすり合わせという感じだったんですが、今では自分の理想とする

物件を建てるべく土地を購入して、そこから予算との兼ね合いでどうしていくか。。。

そんな家の購入の仕方の方が今後は主流となっていくんでしょうか?

時代とともに色々な変化していきますが、不動産に関しても平成の改正とともに

色々と変化していくかもしれないので、私は今から内心ドキドキしています。

恐怖なのか、高揚感なのかどちらでしょうか?

後者になれるように何か今からでも出来る事をしていきたいと思います!!

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

当社でも、時代のツール合わせて「LINE@」を開設致しました。

簡単な不動産購入・売却、税や法律に関するご相談やこの業界では珍しい「簡単査定」もスタート!

■査定ご希望方はお友だち追加を頂き

・ご住所 ※マンション場合は、マンション名と号室をお教えください。

・築年数(大体で結構です)

・間取り

・戸建ての場合は、土地建物面積(大体で結構です)

をお送りください(^^)

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2019.02.01 【アローホームに売れない家はありません!!】女性の売買・賃貸探しもお任せ下さい

皆さんは某ドラマの「私に売れない家はありません」という名セリフを

ご存知でしょうか?

私も何だか面白くて毎週見ているのですが、言ってみたいですね。。。

不動産業を長いことやっていますが、どうしたらあんなに自信を持って言えるのか?

なんて考えながら楽しく拝見させて頂いています。

さて、不動産の世界も某ドラマのように少しづつ変化が出てきたなと思うのは

女性の進出です。

今までなら、男性ばかりの世界で査定等でも来るのは年配層の男性がほとんど。

けれども近年、女性の社長さんが活躍されたりで“不動産女子”なんて言葉まで

あるようなんです。

アローホームでも現在は産休明けで事務をしている女の子が在籍していますが、

以前はバリバリと男性ばかりの業界で営業として頑張っていました。

男社会の業種にもこれからは女性の社会進出の新しい風が吹いてきそうですね。

私も彼女達に後れを取らないように、今まで以上に相談しやすい不動産屋さんを

目指して精進したいと思います。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

当社でも、時代のツール合わせて「LINE@」を開設致しました。

簡単な不動産購入・売却、税や法律に関するご相談やこの業界では珍しい「簡単査定」もスタート!

■査定ご希望方はお友だち追加を頂き

・ご住所 ※マンション場合は、マンション名と号室をお教えください。

・築年数(大体で結構です)

・間取り

・戸建ての場合は、土地建物面積(大体で結構です)

をお送りください(^^)

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2019.01.14 【南海トラフ地震で変わる?不動産への考え方】不動産の買取やその他の相談もアローホーム

気象庁が“南海トラフ巨大地震”に関する情報を公開していますが、
あなたは防災について考えたり、ご家族で話し合う機会を作っていますか?

政府の中央防災会議は、科学的に想定される最大クラスの南海トラフ地震
(以下、「南海トラフ巨大地震」という)が発生した際の被害想定を実施しています。

この被害想定によれば、南海トラフ巨大地震がひとたび発生すると、
静岡県から宮崎県にかけての一部では震度7となる可能性があるほか、
それに隣接する周辺の広い地域では震度6強から6弱の強い揺れになると想定されています。

また、関東地方から九州地方にかけての太平洋沿岸の広い地域に10mを超える
大津波の襲来が想定されています。

恥ずかしながら、私も地震どころか台風やその他に対する災害に関しては
保険に入っているしというぐらいの感覚で、防災知識や意識は低い方だと思います。

アローホームでは、事務の女の子が枚方市の出身なのですが
大きな地震が昨年あった際に、地震保険を考えたという話をしていたんです。

お子さんがまだ小さい事もあり、防災に関してよく考えていました。
何でも、警報があった時に動くのでは遅いので危険(余震等)だと感じたら自主的に
個人個人が避難なりをする事が大事なんだそうです。

避難の際の用意等も日頃から用意をして、すぐに動ける準備をしておく事が
大切なんだと言っていました。
あとは、家族で非難をする場所の確認も大事なんだと熱弁していました。

子供は学校で、両親は会社という皆バラバラの状況で自分は今何をしなければいけないのか?
これは日頃から話をしていないと、いざという時に困りますよね。。。

不動産を扱っていると、耐震という部分で心配をされる方が増えたのは
言うまでもありません。

今までなら、日当りや利便性等を聞かれていたのが今となってはすぐに耐震性は?
と質問されるようになりました。

しかしどんなに、耐震性に優れていようとも津波であったり防災意識が低いと
全く意味がありません。

耐震性もある程度は大事なポイントではありますが、それよりも大事な事は
子供やお年寄りでもが安心して行ける避難ルートか、すぐに避難できる用意は日頃から
準備できているかです。

その上であなたの今1番住みたい場所はどこですか?
今までとは不動産に求める考え方が変わりませんか?

私は変わりました!!

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

当社でも、時代のツール合わせて「LINE@」を開設致しました。

簡単な不動産購入・売却、税や法律に関するご相談やこの業界では珍しい「簡単査定」もスタート!

■査定ご希望方はお友だち追加を頂き

・ご住所 ※マンション場合は、マンション名と号室をお教えください。

・築年数(大体で結構です)

・間取り

・戸建ての場合は、土地建物面積(大体で結構です)

をお送りください(^^)

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018.12.24 【キャッシュレスの波に今、何が求められているのか?】不動産ならアローホーム

何だか世の中はキャッシュレスに沸いていましたが、

皆さんは被害にあわれたりしていませんでしょうか?

全国で50万件以上の被害が報告されているようですが

それでもわかっている人はいいんですが、時限爆弾のように

引き落としの日までわからない人も含めると・・・

年末で何かとあわただしい時に何とも怖いニュースです。

さて、大阪市では高齢者の方の税金滞納対策に携帯決済を

導入する動きがあるようですが、私はまだまだ昔の人間なのか

携帯での決済というものに抵抗があります。

目に見えないので実感が少ないというのか、人と人で

やり取りしたいというんでしょうか。。。

さりとて、便利なものは導入してもっと業務を円滑にしたい。

例えば、不動産でも家の手付金はまだ現金で手渡しというスタイルが

一般的ですが、大きなお金を持ち歩くのは不安という方は少なくありません。

そんな時に携帯で素早く決済ができれば、銀行にお金をおろしに行く手間や

大金を持ち歩く不安がなくなるのかな?

なんて思ったりもしますが、そんな世の中になるのはいつの事なんでしょう。

少なくとも、先の被害の解決の後の話でしょう。

不動産の世界も毎年変化があり、自分自身も常に変化を求められるので

昔と比べるとだいぶ刺激と緊張感のある日々です。

さぁ、来年はどんな1年になるのでしょう?

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018.12.10 「査定依頼の傾向に変化」戸建ての買替え思考からのマンション購入増加傾向!?

暑いなと思っていたら、急に寒くなってきましたが
皆さん体調は大丈夫でしょうか?

世間ではインフルエンザのワクチンが無くなったり、風疹が流行ったりと
気忙しい季節となりました。

さて、今回なんですが当社(アローホーム)の査定依頼に微妙な変化があり
その事をお伝えしたいと思います。

その変化というのが、今まではどちらかというとマンションの査定依頼の方が
多いのが普通だったんですが、最近では戸建ての買換えを考える方が増えてきて
マンションに住み変えたいと考える方が急増しているという事です。

おそらく背景としては、記憶に新しい【大阪北部地震】が少なからず関係していると
考えられます。

大規模な地震で、家を直すべきかまた地震があると恐いので住み替えをするか。。。
今回は大丈夫でも今度また大きな地震がきた時に家はもつのか?
そんな不安から、戸建ての査定依頼が急に増えていると思われます。

少なからず今のお住いで次の大きな地震(南海トラフ巨大地震)が心配、
家の補修よりも住替えた方が良いのか?などの不安がある方はまずは
担当:足立(あだち)までお気軽にご相談ください。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018.11.27 【平成最後のデトックス!!】不動産の買取・売却・相続の相談もアローホーム

「毒親“どくおや”」って皆さんはご存知ですか?
私は初めて聞いた言葉なんですが、事務の女の子が
自分の母親がもしかしたら毒親ってやつかもしれないんです。。。
という話から、初めてその言葉の意味を知りました。

毒親:毒と比喩されるような悪影響を子供に及ぼす親、
子どもが厄介と感じるような親を指す俗的概念である。
親の「自己愛」問題が主な共通点であり、自己愛的な親)について語られることが多く、
主に母親が対象として取り上げられる事が多い。
(Wikipedia参照)

昨今では色んな言葉が増え、私なんかはついていくのがやっとな
ところがあります。

でも、意味をよくよく聞いてみたらなるほど!なんて思う事もあります。
この毒親に関しても、言葉はとても恐い印象を受けるのですが
案外、自分自身の周りでも毒されているものって多いなと感じます。

例えば、賃貸に住んでいる場合なら“賃料”。
住むためには払い続けないといけない費用だけれども、掛け捨ての保険料よりも
質の悪い保証のないお金に思えて仕方がない(価値観の違い有)とか。
学生ならともかく、家族でずっと賃貸って何かあった場合何にも財産と
なる物がなくて不安にならないのか。

例えば、まだ高くなるという“根拠のない自信”で家の売却をいたずらに
先延ばしにし過ぎてしまい、完全に売り時を逃してしまう。
皆さんの周りにもそんな些細な“毒”に少しずつ蝕まれている人はいませんか?

例えば、金銭的な問題も“まだ大丈夫”と先延ばしにしていませんか?

少しでもそんな予兆があれば、何でもお気軽に話してみませんか?
意外と第三者に話してみることで解決する事もあるので、
まずは、担当:足立(あだち)までご相談ください。

いつでもお待ちしております。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018.09.25 【空き家の税務の話】空き家の事もアローホームへ

この特例は、平成28年度税制改正において、

「空家問題」に対応するための税制上の施策の一つとして

新設された特例です。

被相続人が所有し、かつ、相続開始の直前において一人で居住していた

一定の家屋とその敷地を相続等により取得した場合、耐震リフォームして売却、

あるいは建物を取り壊してその敷地を売却した場合、本人の居住用財産を

譲渡した場合と同様に、その譲渡益から3,000万円を控除することができるという

特例です。

下記は、国税庁の資料を参照したものです。

少し見にくいかとも思いますので、詳細については担当:足立(あだち)まで

お気軽にご相談ください。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018.09.24 【ホームインスペクションの需要と供給に変化?】調査済み住宅ならアローホーム

(インスペクション作業中の様子)

《ホームインスペクション》
既存住宅を対象に、構造の安全性や劣化の状況を把握するために行なう検査・調査をいう。
日本語の「住宅」と英語のInspection(検査)を組み合わせた造語である。
住宅インスペクションは、目視等を中心とした現況把握のための検査、
耐震診断等の破壊調査を含めた詳細な調査、
性能向上等のための調査など、目的に応じて異なった内容で実施される。

既存住宅の売買に当たっては、現況把握のための検査が実施されるが、
そのためのガイドラインとして「既存住宅インスペクション・ガイドライン」
(2013年、国土交通省)が公表されている。

同ガイドラインの概要は次のとおりである。
1)インスペクションは、検査対象部位について、目視、計測を中心とした
非破壊による検査を基本にして、構造耐力上の安全性、雨漏り・水漏れ、設備配管の日常生活上
支障のある劣化等の劣化事象を把握する方法で行なう。

2)業務の受託時に契約内容等を検査の依頼人に説明し、検査結果を書面で依頼人に提出する。

3)検査を行なう者は、住宅の建築や劣化・不具合等に関する知識、
検査の実施方法や判定に関する知識と経験が求められ、住宅の建築に関する一定の資格を
有していることや実務経験を有していることが一つの目安になる。

4)公正な業務実施のために、客観性・中立性の確保(例えば、自らが売り主となる住宅については
インスペクション業務を実施しないなど)、守秘義務などを遵守する。

また、建物状況調査における人材育成等による検査の質の確保・向上等を進めるため、
「既存住宅状況調査方法基準」(2017年、国土交通省)が定められ、それに従って
インスペクションを実施するための「既存住宅状況調査技術者講習」が制度化された。

同基準は、既存住宅状況調査は既存住宅状況調査技術者講習を終了した建築士が行なうこと、
調査は、構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分に係る調査として、
調査対象住宅の構造に応じて規定する劣化事象等をそれぞれ定める方法により
調査することなどを定めている。

なお、宅地建物取引業法に基づき、宅建業者は、
1)既存住宅の媒介契約に当たって交付する書面に、建物状況調査を実施する者のあっせんに関する事項を
記載しなければならず、2)重要事項説明に当たって、建物状況調査に実施の有無及びその結果の概要を
説明しなければならないとされているが(2018年4月1日から適用)、

この場合の建物状況調査は、建築士又は国土交通大臣が定める講習を終了した者が実施する者に限定されている。
情報提供(株)不動産流通研究所「R.E.words」

アローホームでも何軒かインスペクションした物件をご紹介いたしました。

この度は、大きな地震や台風による被害がとても大きく
屋根や雨漏り、壁のひび割れ、ガラスの破損等色々ありますが
今後の不動産に関してはよりこのインスペクションの需要が多くなると思います。

国土交通省からのインスペクションの義務化という制度はまだありませんが、
この先、中古物件の購入を視野に入れている場合はそういった部分も
注意してお考えになられる事が重要です。

インスペクションに関してや物件に関してご質問等ある方は
まずお気軽に担当:足立(あだち)までご相談ください。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

2018.09.23 【不動産の買取と売却のメリット】買取専門業者ならアローホーム

ネットで“不動産”、“買取”、“メリット”と検索するのは

どうゆう状況の方なのか?

査定をするには何となくではなく、誰でも何かしらの事情が存在します。

そしてあえて買取だけでなくメリットも一緒に検索するのは何故か。。。

ただ買取を希望するだけならメリットまで調べる必要性は低いです。

むしろ、より高くとか専門とかを一緒に検索するのではないでしょうか。

アローホームの査定依頼でも売却時期を査定額次第としている方がいらっしゃいますが、

メリットを検索している方は大体、買取時期におおよその目途をつけたいという

不動産の買取事態の希望時期があるか、早急に現金化がしたい等の

時期がわからないと不安な場合が多かったです。

大手に頼むのもいいのですが、時期の目途をつけたい方は小回りの利く

地場業者(アローホーム)にご相談いただいた方が良いと思います。

その理由としては、大手業者の担当は会社の肩書はすごいけれども

担当レベルで見てみると、営業経験の違いはあきらかです。

私、足立も元は大手の不動産を経てそこから独立してここまでやってきた

経験と人脈は自信があります!!

少しでも不安がある、時期を明確に知りたいという方は一度ご相談ください。

他社にご相談を考えたりしている人もまずはアローホームにお気軽にご連絡ください。

それだけのメリットはあると自負しています!!

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お気軽にお問合せください。
このページのトップへ