大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
あなたのお悩み、お聞かせください
無料お問合せ 24時間受付中

お客様にお伝えしたいこと(ブログ)

2013.11.16 「公売物件」、「競売物件」どちらの任意売却も不動産の相談ならアローホームへ!!

「競売(けいばい)」という言葉はどこかで聞いた事がある方は
多いかもしれませんが、「公売(こうばい)」についてはどうでしょうか?

ではまず、それぞれの物件の説明から始めましょう!

◆競売物件
競売物件は管轄が裁判所で、債務不履行(さいむふりこう)により
差し押さえられた不動産。一般的に基準価格にて入札される。
任意売却ができるタイミングは裁判所に競売の申し立てられてから
入札日までの4~5ヶ月。

◆公売物件
公売物件は管轄が各地方団体・国で、税金の滞納の為に差し押さえ
された不動産。一般的に見積価にて入札される。
任意売却が出来るタイミングは見積価格に対して入札がなかった場合、
その見積価格以上の金額で買いたいという購入者がいた場合。

以上がざっくりとした各物件の説明です。

では今度は公売で家が売却されたケースと競売で売却されたケースの
所有者のメリットデメリットにはどんな違いがあるのかを比較してみましょう。

◇デメリット
「公売」→納税者の引越し代などの費用控除は論外。
「競売」→不動産を売却してもなお残った残債務の支払い義務。

◇メリット
「公売」→本税・加算税・滞納税など全額を納付できれば差押さえは解除される。
「競売」→入札までに任意売却で不動産を売却した金額で引越し費用等捻出できる。

等などメリットやデメリットがあるので、どっちの方が良いという優劣はつけられません。

もし、現在競売に自宅がかけられている・・・公売にかけられている・・・
この先どうして良いかわからい。。。
そんな風に悩んでいるあなた!!

不安な事を人つずつ一緒に解決していきませんか?

1人では解決できないことも、3人寄れば文殊の知恵と言われるように
相談する事で気持ちも少し楽になれるし、自分自身の今後も冷静に判断する事が
出来るようになるかもしれません。

だからまず、私があなたに伝えたいのは独りきりで悩まないこと!!

堂々巡りの思考の中で、何か良い考えや打開策は見いだせません。
時間はあるようで、現実にはありません。。。
少しでも不安があるならまずは足立(あだち)にご連絡ください。

一緒に乗り越えましょう!!

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

お気軽にお問合せください。
このページのトップへ