大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
あなたのお悩み、お聞かせください
無料お問合せ 24時間受付中

お客様にお伝えしたいこと(ブログ)

2019.12.09 【個人で自宅の相場を調べる時の注意点⚠】

まず、次回に引き続き目を通して頂けて光栄です。
筆が遅くブログの頻度も低いですが少しでも皆さんの参考になれば
と思い書いています。
今日初めて読む方にも楽しんで頂けると嬉しいです。

さて、前回個人で大体の相場を調べる方法についてご説明させて頂きました。
但し、初心者あるあるではありますが、こと不動産売却となりますと
経験がないよりものを言います。
つまりは、経験が浅い方ほど情報に右往左往されがちになり、
最終的に判断を誤る可能性があります。

今回はそんな危険フラグを回避すべく、個人自宅の相場を調べる際の注意点について
まとめてみたので参考になればと思います。

注意点その①ご自身で得た情報はあくまでも参考であるという事
どういう事かと申しますと、不動産は水物であり、その時の情勢・条件等による個別性が強いです。
階数・向き・間取り・道路が変わるだけで1 ㎡当たりの単価も変わります。
その他にも、内装の傷み・劣化具合もいろいろです。
なので、参考価格はあくまで参考と考えておくのがベターです。

注意点その②参考価格は成約価格ではないこと
チラシやネットで拾えるデータは、「売り出し価格」であり
「売れた価格」ではないという事。
また、売りに出した「売主の状況」もいろいろで安くても急いで売りたい人もいれば、
高値でのんびり売り出す人もいます。
したがって、売り出している価格から、大幅な値下げをして売却をしている可能性もあるので、
売り出し価格に固執するのは失敗の原因であり、注意が必要です。

注意点その③情報の鮮度に注意すること
ずっと取り置きしてためたチラシやネットで探した情報の鮮度は大丈夫ですか?
よく調べたら5 年前のデータだったなんて事は珍しくありません。
となれば、その価格を参考にすることは危険です。
5年あれば、価格が 20% 程度動くことは、ざらにあります。
ネットの情報の鮮度には気をつけましょう。

注意点その④不動産会社 への対応に気をつけること
参考価格を調べた後、不動産会社 に電話するときに「私が調べたら○○万円ぐらいだった」
という方がいらっしゃいます。その価格に固執しすぎるあまりに不動産会社に対する印象が悪くなれば
不動産会社も人間です。仕事とはいえ印象が悪い人の対応や営業がお粗末になるのは自然ではないでしょうか?

とは言え、仕事なのだからキチンとするのは当たり前でありそれが出来ないのは
職務怠慢ではないのか?と各々言い分はありますがどうせなら気持ちよくお互いに
ウィンウィンな関係であることは大切だと私は思います。

長くなりましたが、今の時代不動産会社とほぼ同等の情報を持つことは可能ですが、
その情報を正しく活かさないと意味がありません。
全て不動産会社に任せてしまうのも危険ですが、自分が集めた情報ばかりに固執してしまうのも、
同じくらい危険です。
私がこんな事を言うのもなんですが、不動産会社を上手く利用するのが最良ではないでしょうか。

双方バランスよく情報を仕入れ、今後ご判断の参考にしてください。

24時間お問合せ可能なメールフォームはコチラ
http://www.arrowhome.co.jp/contact.html

▼当社の豊富な不動産買取実績
http://www.arrowhome.co.jp/s_estate_1.html

※豊富な買取り実績から他社よりメリットのある「買取り保証価格」「買取価格」の
ご提案が可能です。

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7
TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

お気軽にお問合せください。
このページのトップへ