大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
あなたのお悩み、お聞かせください
無料お問合せ 24時間受付中
ブログ
メニュー
メニュー

お客様にお伝えしたいこと(ブログ)

2019.04.13 【売却と購入】どちらが難しい!【買い替え時】どちらに力を入れるべきか!!

買い替えや売却活動で知っておいてほしいことがあります。

それは「売ることは買うことよりずっと難しい」ということです。 現在日本の中古不動産市場は買い手が強い市場です。

市場から見ても、売るのが難しいのです。 また市場もさることながら、もともと売買というのは「買う」よりも「売る」方が難しいの です。

売却理由の1つに自宅を売却して買い替えを希望される方がいますが

例えば、10 年前に買ったご自宅で当時は 5000 万円で購入。 今、売り出そうと査定をしたら 3500万円にしかならなかった。

住宅ローン残高は 4000万円。 売っても 500 万円の赤字が出る。 今 500 万円もの資金は手元にない…。

こうなった場合、不動産会社に支払う手数料や諸経費を考えても、最低 4100万円前後で売 らなければならないということになります。

これは「売りたい値段」です。 しかし、査定してもらった市場価格は 3500万円。 これが「売れる値段」です。

住宅を買う場合は、自分自身の資金計画から「買える価格」さえ見きわめれば買えます。

また、売り出されている物件の市場価格も「買い手市場」であるため「買いたい価格」と「買 える価格」の差があまりありません。

ところが、反対に売る立場に回れば「売りたい値段」と「売れる値段」の差が出てきてしま います。

そしてこれからも日本は中長期的に買い手市場と考えれば、この「売りたい値段」 と「売れる値段」の差が縮まるとは考えにくいのです。

また、売る場合は必ず「売る理由」があって売ります。 そこに「いつまでに売りたい」と時間的制限がつく場合があるのです。

家を買う人で「○月までに家を買わないといけない」という相談は受けたことがありません。

法人の節税策の一環として「いつまでに不動産を買わなければいけない」と聞いたことがあ りますが、個人レベルではまずありません。

「売る場合」は「買う場合」と比べ、時間的制限に縛られることが多いのです。

また「中古不動産の売り手」の周りには、すでに売り出し中の物件、今後も供給が続く新築 のマンション・戸建、住宅ローン破綻から売りに出されるであろう築浅の競売物件と、ライ バルがいっぱいなのです。

住宅を買う前に勉強される方はたくさんいます。 しかし、自宅を売る前に勉強される方はあまりいません。

本来は、売却時こそ「売るためのノウハウ」を勉強する必要があるのです。 次回からその「ノウハウ」をご紹介します。

24時間お問合せ可能なメールフォームはコチラ
http://www.arrowhome.co.jp/contact.html

▼当社の豊富な不動産買取実績
http://www.arrowhome.co.jp/s_estate_1.html

※豊富な買取り実績から他社よりメリットのある「買取り保証価格」「買取価格」の
ご提案が可能です。

当社「株式会社アローホーム」について

http://www.arrowhome.co.jp/

TEL:0800-888-6886 (通話料無料)

営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

相続関連のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

お気軽にお問合せください。
このページのトップへ