大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
大阪の中古不動産買取・査定 高く早く売るならアローホーム
あなたのお悩み、お聞かせください
無料お問合せ 24時間受付中

お客様にお伝えしたいこと(ブログ)

2016.03.27 【相続した不動産(空き家)の活用法】

◆空家を活用する方法◆

①賃貸物件
相続した実家が市街地など生活環境の良い立地にある場合は、
まず賃貸として活用することを考えるべき。
「築数十年の木造家屋だから無理」と先入観で決めるのではなく、
地元の不動産会社に賃貸物件にできる可能性があるか、
問い合わせてみることを勧めたい。

というのも、現在リフォーム業界が活況なんです!!
家屋の枠組をそのままにして、劣化部分の交換から内装仕様の変更までを
一括で行う業者は数多い。
まるで、某テレビ番組のように劇的に”ビフォーアフターする”ことがあり得るという事。

賃貸物件としての可能性を見る根拠は「立地」にあります。
建物が生まれ変わり、ファミリー向けの戸建賃貸になったとしたら、
通勤通学のため駅へのアクセスはどうか?
買い物環境は充実しているか?治安や待機児童問題はどうか?
などがチェックポイントとなりあす。
客観的に判断するために、FP(ファイナンシャルプランナー)といった
資産管理の専門家にも相談したいところです。

②管理委託
生活をする住宅としての賃貸需要がなくとも活用価値のあるケースがあります。
たとえば「介護施設」。高齢化が進む地方で、デイサービスなどの介護施設として
事業者が老朽化した建物を借り、管理委託を受けて運営をする。
所有者にとっては空き家回避となり、事業者にとっては土地の購入費用や
建物の建築費用がかからないというメリットがある。

主なケースとしては、「最寄り駅から距離のある物件」
「(自動車の入りにくい)狭い道路に面している物件」などがあげられます。
静かな環境に立地しているため、介護施設として人気の出る物件も多い。

③売却
リフォームや管理委託は、所有者が継続するケースだけではありません。
建物を売却し、リフォームは買い手に委ねる方法も効果的。
多くの思い出が詰まった実家を売却に出すことは感情的に抵抗があるかもしれませんが、
自身で所有したまま賃貸活用をした場合は修繕費用などの負担が続く。
それならば建物は買い手に委ね、買い手の希望に沿ったリフォームを行ってもらうのも
一つの手です。
不動産流通経営協会の行った調査によると、買い手の約6割が
「住宅購入後のリフォーム」を実施したとあります。

「リフォーム大家」なる言葉も流行しているぐらい。
資産活用の一環として、築数十年の家屋を購入し、リフォームしたうえで
賃貸をする人のこと。
なかには複数物件の実績を持ち、ブログで紹介している人も多い。

◆活用する際のメリット・デメリット◆
活用にはまとまった出費が必要となりますが、
賢く「収益物件」として再生することができれば、出費以上の収入を見込むことができます。
また、所有を継続する煩雑さも、管理委託や売却によって回避することが可能です。
これは様々な選択肢がある、と言えるでしょう。

■□■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社アローホーム

代表取締役   足立 泰彦

当社「株式会社アローホーム」について
http://www.arrowhome.co.jp/
TEL:0800-888-6886 (通話料無料)
営業時間:9:00~19:00(定休日:水曜日)
〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1-23-7

無料相談のお問い合わせはここをクリック

任意売却のご相談はここをクリック

電話でじっくり相談してみたい方は 0800-888-6886 (9:00〜19:00)

facebook ページはこちらから

メール:info@arrowhome.co.jp

※お気軽にご相談下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■□■

お気軽にお問合せください。
このページのトップへ